初めての召喚獣 FF12 <日 記>

ダンジョンは、ゆっくりじっくり攻略するべきですよね~。
というわけで、今回は自分でも時間かけすぎてるよな~というくらいのんびりダンジョンを彷徨ってみました。
決して迷子になったわけではないので、その辺は誤解なきよう。

手に入れたマップを見る限り、どうやらダンジョンは左右対称構造のようです。
とりあえず、左側から攻略開始。

まずは見慣れたコウモリ系のモンスターです。
砂漠をうろうろしていた都合上、全然問題なくモンスターは退治していけます。
もう、さくさくっという感じです。
新しいモンスターも訳もなく退治しまくりです。

というわけで、ダンジョン内の探索も実にスムーズに進みました。

左側のほぼ中央付近に灯籠発見。
発動させようと灯籠に触れた途端、バトル発生。
出現したモンスターを倒すと灯籠に力が宿り、使用できるようになります。
この時、灯籠のある部屋の壁の一部に異変が生じ、壁が半分くらい地面に沈みました。

ここで灯籠を使用しても良かったのですが、左部分でまだ行っていないところがあったのでとりあえず無視。
地道に彷徨いてみました。
行っていないところがないのを確認してから一旦灯籠が三つある場所まで引き返し、今度は改めて右側部分を探索。
左側の時と同様、灯籠のある部屋でバトル発生。
灯籠に力が宿りました。
それに伴い壁が完全に地面に沈み込み、ぽっかりと壁に大きな穴が口をあけました。

マップを確認する限り、この穴の先には何も存在していません。
ちょっとどきどきしながら穴に侵入してみると、マップ上は何もない道を一行は進んでいきました。

結果として、マップ上ではどこからも通路が通じていない場所に行くための道でした。

一番奥まった場所を目指して移動していくと、その場所に入る直前、またまたガーディアンが待っていました。
これを倒すと、召喚獣として使役するためのライセンスが入手できます。
ただしこのライセンスは一人にしか習得させることができない類で、誰に覚えさせるか悩みどころです。
恐らく女性陣の誰かになることは間違いないと思うのですが・・・。

ちなみに、自分は女性陣が魔法系メイン、男性陣が物理攻撃系メインという棲み分けをしています。
イメージ的に、剣で闘って欲しいのはやっぱり男性陣だと思うので。
お陰様で女性陣は弓矢やダガーなんかを持って闘っていたりします。
男性陣は、剣は言うまでもなく槍やハンマーなんかを持っています。
そのうち素手で・・・ということも考えるかもしれません。
ライセンスに素手の攻撃力UPなんていうものが存在してますし(笑)。

閑話休題。

ガーディアンを倒した後先に進むと、アーシェを中心としたイベントが発生。
序盤でお亡くなりになってしまった、自分の気になったキャラその2(笑)が出現します。

何やかんやで重要アイテムを入手。
王墓から脱出したところで一旦セーブ。
何となく、なんとな~く先の展開が読めてしまっている気がします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック